お金借りるならクレジットカードでキャッシングしたいけど大丈夫?

クレジットカードでキャッシング

「お金借りるのにクレジットカードは使えるのか」

と、少し不安になっていませんか?

実は、クレジットカードを持っていて
キャッシング枠があればすぐお金借りることは可能なんです。

ここではもう少し詳しくまとめてみました。

読んでいくと、お金借りるなら
クレジットカードを使って借入する方法が分かるようになるでしょう。

 

なぜクレジットカードで現金を借りることができるのか

なぜクレジットカードで現金を借りることができるの

ほとんどのクレジットカードには、
「ショッピング利用枠」と「キャッシング利用枠」が設定されています。

  1. ショッピング利用枠⇒買い物代や携帯代などの立て替え
  2. キャッシング利用枠⇒現金の借入

例えば、
10万円のキャッシング利用枠があれば、
コンビニや銀行にある提携ATMを使って、
10万円までなら現金を借りることは可能です。

キャッシング枠を確認するには?

キャッシング枠を確認

ネットを使って、
クレジットカードの「利用代金利用明細」(WEB明細)を見ればわかります。

クレジットカード会社で多少違いますが、
「キャッシング利用枠」と書いてある部分の
金額が引き出せる限度額になります。

 

クレジットカードキャッシングの借入方法

クレジットカードキャッシングの借入方法

クレジットカードを使ってキャッシングする方法は2つあります。

  1. 口座に振り込んでもらう方法
  2. 銀行やコンビニの提携ATMを使う方法
1:口座に振り込んでもらう方法とは、
電話、またはネットを使って公式サイトからあなたの口座に振込依頼をしてお金借りる方法です。

ほとんどは振込手数用は無料で対応してくれます。

デメリットは、
振込に対応していなクレジットカードもあることと、振込依頼をした時間帯によっては、翌日の振り込みになる場合もあることです。

2:提携ATMから借りる方法とは、
クレジットカードと暗証番号で現金を引き出す方法です。

コンビニにある提携ATMなら全国から現金が引き出せます。

デメリットは、
金融機関やATMの機種によって
「表示内容」や「操作方法」が若干異なることです。

 

クレジットカードキャッシングの返済方法

クレジットカードキャッシングの返済方法

クレジットカードキャッシングの返済方法は2種類あります。

  • 一括払い
  • リボ払い
「一括払い」とは、
翌月の請求時に一括で返済する方法。
リボ払いとは、
毎月一定額を返済していく方法です。

たとえば、
リボ払いで10万円をキャッシングした場合、
金利が年18%なら毎月10,000円を約11回で返済する感じになります。

クレジットカード会社にもよりますが、
最初は一括支払い⇒後からリボ払いにも変更は可能です。

それだけではなく「今月は多く返済したい」時も、
ネットから返済金額を一時的に変更することも可能です。

返済で注意点はある?

リボ払いは毎月一定額の返済なので、
借金している感覚がなくなること。

また、リボ払いは金利が高いので、
元金が減るスピードが遅いことです。

私は、とりあえず「リボ払い」で借りて、
お金に余裕ができた時点で多めに返済して早く借金を終わらせていました。

 

クレジットカードキャッシング4つの注意点

クレジットカードのキャッシング4つの注意点

クレジットカードを使って
キャッシングする時は次の4つの注意点があります。

  1. そもそもキャッシング枠がないと借りれない
  2. キャッシング枠を使えばショッピング枠は減る
  3. 提携ATMは手数料がかかる
  4. 金利は消費者金融とほぼ同じ

1、そもそもキャッシング枠がないと借りれない

キャッシング枠がないと借りれない

クレジットカードを作るときに
「キャッシング利用枠0円」で申込みをしているなら、キャッシングはできません。

キャッシング利用枠を新たに設定したいなら、
後からでも申請はできますが「審査」は入ります。

審査と言っても、
会社員や派遣などで収入があり、
他社からの借入が無ければほぼ心配はいらない感じです。

ではキャッシング利用枠はどうやって決まった?

キャッシング利用枠はどうやって決まった

それは、クレジットカードを作るときです。

クレジットカードの申込みの中に、
「キャッシング利用枠」という項目があって
「金額」を選ぶようになっていたはずです。

通常は、10万円、30万円、50万円の中から選ぶことが多いです。
もしくは「キャッシングを利用しない」の選択もあります。

 

2、キャッシングするとショッピング利用額は減る?

キャッシングするとショッピング利用額は減る

クレジットカードでキャッシング(借入)すると、キャッシングした金額分だけショッピング利用額は減ります。

カード利用限度額 ー キャッシング利用枠 = ショッピング利用枠

例えば、
クレジットカードの利用限度額が30万円で、
その内キャッシング利用枠が10万円の場合。

1)キャッシング利用枠を使っていないなら、ショッピング利用枠は30万円まで利用可能。
2)キャッシング利用枠から5万円を借入したら、利用限度額から5万円を引いた
25万円がショッピング利用枠となります。

要するに、キャッシングで借入した金額分、
ショッピング利用枠から減額されるということです。

キャッシング利用枠は変更できるのか?

キャッシング利用枠は、
職業や年収、勤続年数、クレジットカードの利用歴などによって決まります。

今、キャッシング枠「10万円」を利用中で、
年収、勤続、そして延滞も問題ないなら、
申請して「30万円」に引き上げることは可能です。

3、提携ATMを使うと手数料がかかる

提携ATMを使うと手数料がかかる

クレジットカードでキャッシングするには、
コンビニ、銀行、ゆうちょなどにある
提携ATMで現金を引き出すことになります。

このとき、次のようにATM手数料が発生します。

1万円以下 ⇒ 110円(税込)
1万円を超える ⇒ 220円(税込)

このATM手数料、どう思います?

私はこの手数料、高く感じます。

考えたのは「キャッシングの回数は減らして
早く返済したほうがいい」ということ。

ちなみに、
ATM手数料は借入金額とは別に、後で請求されます。

4、キャッシングの金利は消費者金融と同じ

キャッシングの金利は消費者金融と同じ

クレジットカード会社は、実は
消費者金融と同じ「貸金業」という分類になります。

この貸金業に適用される金利は「貸金業法」で決まっています

たとえば、
「10万円以上100万円未満の借入」なら
 ↓
「上限の金利は⇒年18%」になります。

そこで下記のクレジットカード
キャッシングの上限金利を調べました。

クレジット名上限金利
(2021年4月1日時点)
三井住友カード年18%
MUFGカード年17.95%
ニコスカード年17.94%
JCBカード年18%
イオンカード年18%
楽天カード年18%

大手消費者金融の上限金利は

カードローン上限金利
(2021年4月1日時点)
プロミス年 17.8 %
SMBCモビット年 18.0 %
アコム年 18.0 %

比べると分かりますが、
クレジットカードのキャッシングと
大手消費者金融の金利はほぼ同じになっています。

金利が高いので、どちらでお金借りても、
なるべく早く返すべきですね…。

 

クレジットカードキャッシング特徴のまとめ

クレジットカードキャッシングの特徴

クレジットカードでキャッシングする時の
大きな特徴は3つありました。

  1. 即日の借入が可能
  2. 24時間休日もATMで借入が可能
  3. キャッシングする時の審査はなし
1番と2番の特徴は、
コンビニにあるATMを使えば24時間365日の借入が可能ということです。
3番の"キャッシング時の審査はなし"
については、クレジットカード発行の時に審査は終わっているということです。

ですからクレジットカードがあれば
ATMですぐ借りることは可能なのです。

 

クレジットカードでキャッシングする流れ

キャッシングする流れ

コンビニや銀行、郵便局のATMに行く
 ↓
画面操作の
・「クレジットカード」ボタン、又は
・ゆうちょ銀行なら「クレジットカード・簡易保険・生命保険」
のボタンを押します。(金融機関によって若干違います)
 ↓
クレジットカードを入れる
 ↓
「暗証番号」を入れる
 ↓
返済方法
「一括」又は「リボ」を選択
 ↓
借入金額を1万円単位で押す
 ↓
現金引き出し完了

 

まとめ

お金借りるまとめ
お金借りる時クレジットカードの
キャッシング利用枠が設定されていれば借入は可能。

特徴は

  1. 24時間、休日も提携ATMで借入可能
  2. カードがあれば借入時の審査はなし

審査についてはクレジットカード発行の時に
終わっているので、すぐに借入が可能。

注意点は

  1. そもそもキャッシング枠がないと借りれない
  2. キャッシング枠を使えばショッピング枠は減る
  3. 提携ATMは手数料が必要
  4. 金利は消費者金融とほぼ同じ

デメリットで気になることは、
金利が大手消費者金融とほぼ同じことです。

でも、お金を少し借りてすぐ返すことが出来るなら、大手消費者金融も便利。

なぜなら
大手のプロミスで初めてお金借りるなら、
「30日間無利息」で借入が出来るからです。

また、借入・返済は全てスマホから手続きOKで、郵便物も届かないようにも出来ます。

つまり、バレずに借入可能なのが大手のプロミスということです。

しかし、はっきり言って「消費者金融」はイメージが悪い…

ですが、プロミスは「三井住友銀行グループ」なので安心!

それより、私はクレジットカードをよく使うのでショッピング枠が気になりました。

キャッシングしてショッピング枠が減る
くらいなら返済方法が簡単な大手消費者金融
でお金借りてすぐ返すほうがお得!ですね。

© 2021 マネーヒーロー