お金借りる時にコンビニATMが使えるカードローンならコレ!

お金借りるならコンビニATMが使えるカードローン
「お金借りる時にコンビニATMが使えるカードローンはどれ」

と、探したけどわからなくて困っていませんか?

調べてみると大手のカードローンなら
コンビニATMで借入はOKでした。

そこで、どこのカードローンなら
お得で便利に使えるのか調査してまとめました。

この記事を読むと、
お金借りる時にコンビニATMが使える
カードローン会社がわかり、
最速で申込みから借入ができるようになるでしょう。

 

コンビニATMが使える大手のカードローンはどれ?

コンビニATMが使える大手のカードローン

コンビニATMで借入ができる大手のカードローンは、大きく分けて2種類あります。

  1. 都銀や地銀の銀行カードローン
  2. 大手消費者金融のカードローン

2つのカードローンをもう少し具体的に説明すると

都市銀行や地方銀行カードローンとは

都銀とは「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行」など。

地銀は「横浜銀行、千葉銀行、静岡銀行、常陽銀行、京都銀行、福岡銀行」など全国の地銀で扱うカードローンが対象になります。

大手消費者金融のカードローンとは

テレビCMもしている有名な
「プロミス、SMBCモビット、アコム、アイフル」などです。

銀行カードローンも大手消費者金融も、
ほとんどのコンビニATMで借入は可能になっています。

 

銀行カードローンと大手消費者金融のサービスの比較

銀行カードローンと大手消費者金融比較

「コンビニATMが使えるカードローンをどうやって選ぶのか?」

まず、銀行カードローンと
大手消費者金融のサービスの特徴を表にまとめました。

サービス内容銀行カードローン大手消費者金融
1:ATM手数料
無料もあり手数料が必要
2:アプリに対応アプリ非対応
基本はカード必要
対応:プロミス・SMBCモビット・アイフル
非対応:アコム
3:審査時間最低2営業日即日も可能
4:金 利若干低い高い
5:無利息期間基本的にはなしあり:プロミス・アイフル・アコム
なし:SMBCモビット

サービスの違いをザックリまとめると。

銀行カードローンは、会社によっては
コンビニATM手数料無料もあるので、選び方次第でお得になります。

デメリットは、借入れまでに時間がかかること。

大手消費者金融は、
即日融資も可能なことや、
誰にもバレないようにできるサービスもあります。

デメリットは、コンビニATM手数料がかかること。

どちらのカードローンも一長一短があります。

私としては、
カードを持ち歩かないでもいいことと、
初めての借入なら30日間無利息サービスがある大手消費者金融が気になります。

その中でも、
取引状況がすぐわかるアプリローンや、
LINEからでも契約内容が確認できる「プロミス」はスゴイと感じました。

では、
その他の便利なサービスについて比較します。

1、ATM手数料

ATM手数料

まず、都銀や地銀のカードローンですが、
コンビニATM手数料が無料または有料のカードローンが混在しています。

例えば、
「三井住友銀行」や「三菱UFJ銀行」「横浜銀行」は
コンビニATM手数料は無料です。

また、「静岡銀行、千葉銀行」のカードローンは
セブン銀行ATMなら手数料無料になるなど、
銀行カードローンによって内容は違います。

次に、大手消費者金融ですが、
コンビニATMで借入・返済するには手数料が発生します。

ATM手数料は、
1万円以下⇒110円(税込)、
1万円超⇒220円(税込)。

手数料が「もったいない」と思うなら、
いつもの銀行に振込依頼して銀行ATMを使えば節約できます。

2、アプリに対応

カードローンアプリに対応

銀行カードローンは基本的にアプリ非対応です。

ですから、
銀行カードローンをコンビニATMで使う時は、カードを使って借入・返済することになります。

大手消費者金融は、アプリに対応していれば
アプリを使ってカード不要で借入・返済が可能になります。

例えば、
専用アプリを使えば、
「セブン銀行ATM」か「ローソン銀行ATM」で借入・返済ができます。

大手でアプリに対応しているのは、
プロミスなら⇒セブン銀行ATMとローソン銀行ATMに対応
SMBCモビットなら⇒セブン銀行ATMに対応
アイフルなら⇒セブン銀行ATMとローソン銀行ATMに対応
しています。

3、審査時間

カードローン審査時間

銀行カードローンは申込みから審査完了までに最短でも2営業日が必要です。

例えば、
土曜日に申込みした場合、
休日は審査をしていないので
最短で翌週の火曜日以降に契約~借入となります。

大手消費者金融なら、
当日に審査して即日融資も可能です。

4、金 利

カードローン金利

金利は下記の金利一覧のとおり、
銀行カードローンの方が低金利となっています。

カードローン金利(下限金利~上限金利)
(2021年4月1日時点)
三井住友銀行カードローン4.0 ~ 14.5 %
三菱UFJ銀行バンクイック1.8 ~ 14.6 %
みずほ銀行カードローン2.0 ~ 14.0 %
プロミス4.5 ~ 17.8 %
SMBCモビット3.0 ~ 18,0 %
アコム3.0 ~ 18,0 %
アイフル3.0 ~ 18,0 %

ちなみに、100万円以下の借入は上限金利が適用されます。

金利を比べると、
大手消費者金融の方が実質年率で3.2~4.0%ほど高くなっています。

でも、次に説明する「無利息期」を利用すれば、大手消費者金融で借りても損はしません。

5、無利息期間

カードローン無利息期間

銀行カードローンには基本的に無利息期間はありません。

大手消費者金融の場合は、
「プロミス、アコム、アイフル」などが
30日間無利息サービスを実施しています。

ですが、
「プロミス、アコム、アイフル」各社の「30日間無利息」の内容は微妙に違います。

プロミスだけが
実際に借入をした翌日から30間無利息になります。

他のアコムとアイフルについては
契約した翌日から30日間になります。

少しだけ、プロミスがお得になっています。

 

銀行カードローンと大手消費者金融はどちらがいい?

銀行カードローンと大手消費者金融はどちらがいい

もう一度カードローンの特徴を確認します。

サービス内容銀行カードローン大手消費者金融
1:ATM手数料
無料もあり手数料が必要
2:アプリに対応アプリ非対応
基本はカード必要
対応:プロミス・SMBCモビット・アイフル
非対応:アコム
3:審査時間最低2営業日即日も可能
4:金 利若干低い高い
5:無利息期間基本的にはなしあり:プロミス・アイフル・アコム
なし:SMBCモビット

例えば、私ならこの表を見て、
「私にとってお得なサービスはどれか?」を考えます。

もし借入れまでに1~2週間の余裕があるなら、
金利とATM手数料を節約するために銀行カードローンにします。

いや「今日お金が欲しい」となれば、
大手消費者金融を使ってカードなしで申込みます。

大手消費者金融といっても複数ありますが、
コンビニATMでアプリローンも使える
プロミスなら「三井住友銀行グループ」なので不安はありません。

ですから、最終的には大手消費者金融の「プロミス」を選ぶということです。

 

まとめ

お金借りるまとめ

お金借りる時にコンビニATMが使えるカードローンはどれがいい?

「銀行カードローン」か
「大手消費者金融」ならコンビニATMを便利に使えます。

では、どちらを選ぶか?

ざっくりと、
次のような選び方になります。

  1. 契約までに10日間くらい余裕がある
  2. 金利は低くしたい
  3. ATM手数料は節約したい
  4.  ↓
    銀行カードローン

  1. なるべく早くお金を借りたい
  2. 誰にもバレずにこっそりと借りたい
  3. お金借りて30日以内にすぐ返す
  4.  ↓
    大手消費者金融

特にお金借りてすぐに返せる状況なら、
「プロミス」の「30日間無利息」を利用すればお得です。

初めての方限定ですが、30日以内に全額返済すれば利息は無料になるからです。

これは銀行カードローンと比べても損はしない、ということですね。

 

© 2021 マネーヒーロー